マザーズを実感する手厚く温かいサポート

 初産婦さんや、経産婦さんでこれまで十分な分娩サポート・母乳支援を経験できなかった方に、とくに喜ばれています。「産院」とはこういうものか、と実感されることでしょう。

助産師とは

 助産師とは、看護師の資格を取得した上でさらに、母子保健や妊娠・出産・母乳支援の専門教育を受けて国家試験に合格した、高度な専門職です。

 妊娠中のアドバイスからお産の介助、母乳育児まで、妊娠・出産に立ち向かうお母さんにとってこれほど心強い味方はありません。


 妊産婦さん一人一人に対して助産師がどれだけ手厚くサポートできる体制をとれるか。「マザーズらしさ」の答えがそこにあります。

助産師とは

マザーズ・クオリティ

 マザーズに来て皆さんがまずビックリされるのは、助産師の多さとその元気ぶりです。

 マザーズの月のお産数は平均35件くらいですが、大きな病院並みの18名もの常勤助産師が活躍しています(H29.4.1現在)。ベテランがたいへん多いことも特徴ですね。

 マザーズに意欲的な助産師がたくさん集まってくれるひみつは、助産師にとって大変やりがいのある「マザーズ・ケア」にあります。

マザーズ・クオリティ

マザーズ・ケア

  • 助産師タイムが毎回ある

    毎回の健診のたびに助産師と話して頂く時間を設けており、小さな体の不調や悩みにも親身に対応しています。(助産院的なケアを取り入れた「助産師外来」が別にあります)

  • 顔見知りがいっぱい

    妊婦健診中に多くの助産師たちと自然に知り合えるシステムなので、お産で入院しても顔見知りがいっぱいでとても安心です。

  • 夜間も安心

    夜間でも2~3名の助産師が待機していて、皆さんのお産をしっかりサポートします。
    (お産には産婦人科専門医が立ち会います)

  • 母乳サポートの充実

    授乳や赤ちゃんのお世話も、24時間体制で助産師が寄り添います。
    退院後も、助産師の母乳外来で不安を解消することができます。
    (一か月健診までは無料です)

マザーズ・ケア

 意欲的な助産師がたくさんいるから出来る「マザーズ・ケア」、やりがいある「マザーズ・ケア」があるから集まる意欲的な助産師。
 この好循環が、母子の安全と幸せを見守る「マザーズ・クオリティ」そのものなのです。

「当院の特徴」一覧へ